オナニーをする男性のイラスト

男性のオナニーは女性のオナニーと異なり、体液を放出することがゴールになります。その体液とはズバリ精液(ザーメン)であり、独特のイカ臭さがあります。そのため、ティッシュに出した精子をそのままゴミ箱に捨てると部屋が臭いで充満してしまいます。特に実家暮らしの人は家族に自慰行為がバレてしまうので困るでしょう。そこで、臭いを拡散させずに精液処理できる方法をご紹介します。

🗑️ ビニール袋に入れて捨てる

1つ目は、使用済みティッシュをビニール袋に入れてから捨てるというものです。袋に直接射精するというのもアリでしょう。ビニール袋でなくても、お菓子の袋など密閉できるものであればOKです。今までティッシュを使用してきた人にとっては、袋に入れるという一手間をかけるだけなので手軽に行うことができます。難点としては、ゴミ箱の中身まで親に見られている家庭では怪しまれる危険があるということです。

🚽 トイレに流す

2つ目は、トイレットペーパーに出した精液をトイレに流すというものです。普通のティッシュではトイレが詰まってしまうので使用しないでください。トイレットペーパーは香りがついていて集中できないという場合は水に流せるティッシュを代わりに使うと良いでしょう。ただ、自分の部屋でシコってからトイレに流す場合は、シコティッシュをトイレに運ぶ際に臭いで怪しまれるかもしれません。

🛁 風呂場に流す

3つ目は風呂場に流すというものです。どこに射精しても洗い流せばよいので解放的にオナニーできます。しかしながら、射精した直後に水で流してしまうとドロドロの精液が排水口に詰まってしまうので注意してください。そこから親にバレるということもあるでしょう。これに対処するには、精液がサラサラになるまで(約30分間)待ってから洗い流しましょう。なぜなら、精液は放置しておくと分解酵素の作用で粘度が低くなりますが、水分が混入すると酵素が不活性となり粘度が高いままになってしまうからです。

🚰 洗面台に流す

4つ目は、ペットボトル等に射精してから洗面台に流すというものです。密封できるので何日も放置しておいても臭いが気になりません。後始末を家族が外出していないタイミングで洗面台に流すということもできます。風呂場に流すのと同様に、精液がサラサラになってから流すとよいでしょう。

🎈 コンドームに出す

5つ目はコンドームに射精して捨てるというものです。ビニール袋に出すのと同様の処理方法ですが、本番の練習になります(笑)。ただ、ゴムのお金がかかってしまいますし、ゴミ箱の中身を見られたらすぐにバレてしまうでしょう。

ベネトン1000-X(12個入り)
ベネトン1000-X(12個入り)

🥛 使い捨てオナホの中に出す

最後の6つ目は、使い捨てオナホの中に出して捨てるというものです。中出しのような気持ちよさがあります。しかし、使い捨てオナホはゴミ箱に捨ててあるとすぐにバレてしまいますし、コストパフォーマンスが悪いという問題があります。

TENGA ORIGINAL VACUUM CUP
TENGA ORIGINAL VACUUM CUP

まとめ

方法 ✅ メリット ❌ デメリット ⚠️ 注意点
ビニール袋 低コスト ゴミ箱に痕跡が残る
トイレ 痕跡が残らない トイレの長時間使用やシコティッシュの運搬で怪しまれる危険 トイレットペーパーまたは水に流せるティッシュを使用する
風呂場 解放的にぶちまけられる 風呂場の長時間使用で怪しまれる 排水口に残らないようサラサラになってから流す
容器+洗面台
  • 臭いが拡散しない
  • 良きタイミングで後始末できる
保管容器を発見される危険 排水管に残らないようサラサラになってから流す
コンドーム 本番の練習ができる
  • 購入がバレると少し恥ずかしい
  • コスト
  • ゴミ箱に明らかな痕跡が残る
使い捨てオナホ 気持ちいい
  • 購入がバレるととても恥ずかしい
  • 高コスト
  • ゴミ箱の中で目立つ